ミクロ経済学(解説)寡占

ミクロ経済学(問題)はこちら
ミクロ経済学(取り急ぎ解答のみ)寡占

かラスマタケオ

編入学試験で出題される寡占の理論はゲーム理論で言うところの同時手番ゲーム(クールノー型複占モデル)と先攻・後攻のあるゲーム(シュタッケルベルグ均衡の導出)の二通りですね。
同時手番ゲームって、相手の戦略が、実際に戦うまでわからないゲームですよね。

日根野谷りかこ

かラスマタケオ

そうですね。

かラスマタケオ

突然ですが。

かラスマタケオ

りかこはピザ食べる?

かラスマタケオ

Lサイズ
あと2人くらい呼ばないと

日根野谷りかこ

かラスマタケオ

Mサイズだったら?
一緒に食べましょう!

日根野谷りかこ

かラスマタケオ

ちなみに僕の注文(サイズ)がわからなかったらどうしてますか?
2人でLサイズを食べるのも悪くないので、誰も呼ばないですよ!取って置けるし。Lサイズってわかってたら友達と一緒がいいなって思っただけです!

日根野谷りかこ

りかこの利得 二人で食べる 四人で食べる
Lサイズ 0 1
Mサイズ 1 0

かラスマタケオ

こんな感じかな。言葉から察するに。
(タケオ、りかこ) 二人で食べる 四人で食べる
Lサイズ 0,0 0,1
Mサイズ 1,1 0,0

かラスマタケオ

さらに僕の利得を追記して利得表にします。

かラスマタケオ

ナッシュ均衡が2つあることがわかると思います。
えぇ!!!言ってくれればいいのに!

日根野谷りかこ

二人がいいんですか?!

日根野谷りかこ

かラスマタケオ

・・・

かラスマタケオ

・・・うん

かラスマタケオ

・・・エヘヘ
(タケオ、りかこ) 二人で食べる 四人で食べる
Lサイズ 0,1 0,0
Mサイズ 1,1 0,0
これで!

日根野谷りかこ

かラスマタケオ

これなら同時手番ゲームでも必ずMサイズを二人で食べるようです。

かラスマタケオ

しかし。
(タケオ、りかこ) 二人で食べる 四人で食べる
Lサイズ 0,0 0,1
Mサイズ 1,1 0,0

かラスマタケオ

最初の利得表で必ずMサイズを二人で食べようと思ったら。

かラスマタケオ

僕は同時手番ゲームという約束事を破ってMサイズを注文してみせる(先攻になる)必要があります。
後攻は最適反応戦略を選ぶ前提だからですね!

日根野谷りかこ

かラスマタケオ

その通りです!先攻・後攻があればMサイズを二人で食べる未来が一意に決まります。

かラスマタケオ

同様に。

かラスマタケオ

クールノー型複占モデルでは、同時手番ゲームなので、企業Aも企業Bも、相手がどのような数量で決定するか計り知れず、そのじつどのような結果になるかはわからないものの、ナッシュ均衡なら導出できるぞということで、均衡(=ナッシュ均衡)の数量と価格を導出してみせます。※それが実現する保障はどこにもないなりに。

かラスマタケオ

シュタッケルベルグ均衡の導出では、企業Bは、必ず企業Aに対して最適反応戦略を選ぶので、企業Aは読みが働いて自分の戦略を一意に選べるのですね。※両者が合理的である限り本当に実現する数量と価格が導出されます。
だいぶわかったんだよ!

日根野谷りかこ

頼んだ

日根野谷りかこ

かラスマタケオ

頼もう!
頼んだってば

日根野谷りかこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA