ミクロ経済学(解説)需要の価格弾力性

ミクロ経済学(問題)はこちら

かラスマタケオ

価格を下げると買いたい人は増えます。

かラスマタケオ

予算内で買えるようになるからです。

かラスマタケオ

欲しかった1万2000円のリュックサックが9000円に値下がりしたら買いでしょう?
甘いわね。5980円で考えてあげる。

五家彩音

かラスマタケオ

そっか。でも財・サービスに需要が生まれる典型的な理由の一つが値下げなのは同意してもらえると思う。
お店の意図が見え透いてるわけよ。9000円に下げればもっと儲かるんでしょ?ムカつく。もっと下げろって思う。

五家彩音

かラスマタケオ

お店の意図。ムカつくかどうかは自由だけど、もっと儲かるとはどうやって判断したと思う?
需要の増え方が価格の下がり方を上回っているんでしょ?需要が25%以上増えれば、価格が25%値下がりしても売上は伸びるじゃない。

五家彩音

かラスマタケオ


は?

五家彩音

かラスマタケオ

需要が25%増えたとき、価格が25%値下がりしていれば需要の価格弾力性は1で売上は変わらない。ここで需要が25%以上増えていれば価格弾力性は1を超えて売上が伸びる。
なにそれ。

五家彩音

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA