共立女子大学【2022年度編入学試験情報】神保町駅徒歩3分「もりちゃんお茶の水店」

私は食べ歩きが好きですが、学生時代は一人で外食をするために様々な店に行きました。その中でも印象に残っている店が【もりちゃん御茶ノ水店】です。

【もりちゃん御茶ノ水店】は神保町駅から徒歩3分の場所にあり、私が通っていた大学の校舎からも10分程度で行けました。価格帯はランチタイムは800円~1200円になり、11時30分~16時になるため遅くても行けて便利です。メニューは焼き肉ランチが中心ですが、もつ煮定食やステーキ丼などの丼物も人気があります。このため、周辺の学校に通う大学生も常連客が多く、12時~13時の昼休みにはにぎわっています。混雑する時間帯は12時~13時頃になり、時間を外せばすぐに案内され20分程度で食べることもできます。

店内の雰囲気は昭和レトロのような感じでゆったりとでき、広々としていてテーブルの中央にはロースターがあります。また、ご飯のおかわりができるため男子の学生が非常に多く、周辺の企業に勤務するサラリーマンも多いです。店内の壁には写真が貼られて昔の東京の様子があり、タイムスリップをしたような感じになります。私は一人で来ることが多いですが、小さいテーブルがあり落ち着いて食事ができます。また、学生やサラリーマンが集まる場所にあり、様々なサイズのテーブル席やお座敷などもありディナータイムに宴会をすることができます。

店舗のスタッフは元気があり店内は活気があるため、焼き肉を食べようというきにさせてくれます。また、何度も行くと顔を覚えてもらえておすすめのメニューを紹介してもらえ、迷っている場合には積極的に声をかけてくれるためつられてしまいがちです。店の外には個性的なデザインの看板が立てられているため入りやすく、いかにも歴史がある外観のため目を引きます。また、大学生やサラリーマンが入りやすくなるようにメニューの写真や価格を表示し、ボードにおすすめのメニューを紹介していて興味深いです。

東京都千代田区には多くの飲食店がありますが、【もりちゃん御茶ノ水店】はまさに大学生向けの店と言えます。外観は庶民的な感じの店という雰囲気がありますが、実際に中に入ってみるとレトロな雰囲気を味わえることが特徴です。また、ガッツリ食べるには最適で店員さんの接客も良く、ランチタイムの時間帯にはにぎわっています。店内の雰囲気は昔の東京の様子をイメージできるため、タイムスリップをしたような感じになることも魅力的です。

食べログ

■共立女子大学
・家政学部、文芸学部、国際学部(3年次)
出願期間:2021年10月13日(水) ~10月21日(木)
試験日:2021年10月31日(日)
合格発表:2021年11月4日(木)
公式サイト
募集要項は郵送にてお取り寄せになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA