大手前大学【2022年度編入学試験情報】稲野駅徒歩1分「スビ・マハル稲野店」

大手前大学の大学生が立ち寄りそうな飲食店であれば、【スビ・マハル稲野店】があります。このお店の特徴は本格的なカレー料理がある点にあり、お昼と夕方ごろのディナーが主な料理提供の時間帯です。ただ、このお店注意すべく点がありまして、お昼自分は学生が主に食べに来ますので一般の方がお店に入り飲食する場合、絶対に11時までに入店することです。それができない場合、お昼は2時ごろに食べに行くようにして最低3時までに入店するつもりで行くのが望ましいです。では、肝心の料理の価格帯ですが、1000円までの間で料理を楽しむことができまして、学生さんはおおよそこの価格帯でランチを食べており、稀にですがパーティーセットという物を頼んでいる学生さんたちもおり、こちらであれば2000円からのセットになるんですがそれでも結構な割合で学生の方は注文しているように見えました。肝心のお店の雰囲気ですが、お店はアジアンテイストがとても強い装飾をしているお店ですが、ごちゃごちゃとした装飾ではなく、あっさり目で、レンガ調の装飾および、カーテンがアジアンテイストのカーテンであること以外は普通の喫茶店みたいな雰囲気でとても入りやすく空いている時間帯においてはものすごく居心地が良いです。なお店主さんはインドの方で提供されている料理群は、カレーですが、ナンをつけるタイプにご飯タイプから何までそろっており、かつ、カレーの辛さの幅が広いのが一番のおすすめポイントです。通常、日本のカレー店は味を統一することが多くカレールウですら統一されているのですが、このお店はそうではなく、カレーのルウ事態が豊富です。例えばグリーンカレーやチキンカレーでは異なるルウで作られておりかつ入っている香辛料も異なりますので味わいは別物です。本格的なカレー店でご飯っておかしくない?と思われるでしょうが、実はインドはナンを食べるのはお金持ちの人で意外とご飯食だったりするためご飯もののカレーも実は多く、日本で言う混ぜご飯のようなご飯でカレーを食べることもありどれもおいしいです。値何見どれくらいの距離があるのですが、大手前大学であればたった100メートル程度であるが故ものすごく学生さんがお昼に利用し、かつ大手前大学はどうやら、カレーを研究する学部なるものがあるとスビ・マハルに来る常連さんが言っており調べてみたところ事実だったため、カレーガチ勢の大学生の常連さんが訪れるお店の一つがこのお店になります。最後に言いますが、一般の方は絶対11時までに入店です。これができない場合、2時に行くつもりで行くのが望ましいです。そうしないと本当に学生の方が押し寄せるので恐らくカレーにありつけないです。

食べログ

■大手前大学
・国際日本学部(2年次、3年次)
・建築&芸術学部(2年次、3年次)
・現代社会学部(2年次、3年次)
A日程:10月出願 11月試験 11月発表
B日程:1月出願 1月試験 2月発表
C日程:2月出願 3月試験 3月発表

・健康栄養学部(3年次)
出願日:2022年1月5日(水)~2022年1月14日(金)
試験日:2022年1月27日(木)
合格発表:2022年2月10日(木)
募集要項を確認しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA