大阪大学【2022年度編入学試験情報】石橋阪大前駅から徒歩2分「初代平成麺業」

自分が大阪大学(阪大)の大学生時代に通っていた時からある食堂が今でもあります。その名前は、「石橋うどん処 きち」です。現在では、「初代平成麺業」という店名に変わっているようです。

阪大の豊中キャンパスである最寄り駅「石橋駅」の西口から出てすぐのところに店舗を構えているうどんをメインにしている食堂です。

阪大豊中キャンパスに通っている大学生の中に知らない人はいないのではないかというほどの人気のがあります。ランチ時間は「15時」までとなっていますが、どの時間帯に言っても学生さんや会社員の人たちがいています。価格帯も安いのも人気を集めているのだと感じています。

自分は、きちの店員さんと仲が良かったため、食事をしながら喋ることも多くあったので、阪大周辺でおすすめするなら「きち」を選びます。

店員さん曰く、きちのカレーうどんは「門外不出」で、きちの看板メニューだそうです。ここのカレーうどんを食べたらもう他のカレーうどんは食べられないくらい絶品だそうです。ちなみに、自分も食べたこともありますが、カレーがそこまで好きではないせいか、「絶品だ」とまでは思いませんでした。

きちのカレーうどんは、「750円」と価格的には安く、細麺で肉の旨みが出ている甘い出汁になっているので、男性だけではなく、女性でも食べやすいです。

しかし、石橋うどん処 きちでおすすめするメニューは、カレーうどんではありません。それは「鶏天定食」です。「鶏天」と「うどん」と「ジャコ飯」があり、このジャコ飯がとても美味しいです。

自分の実家で食べていたジャコ飯に近い感じがしており、勝手に親近感を湧かしたほどです。学生さんをメインにしているだけあり、価格も安く、量もあるので、鶏天定食を食べるだけで1日頑張れました。

きちの時は、出汁がなくなると閉店してしまっていました。現在の初代平成麺業になってからは閉まることもなくなっているのではなくかと思っていますが、早めに行くことをオススメします。

きちの時と同じ絶品カレーうどんもありましたし、鶏天定食もあったので、学生時代を思い出しながら食べました。自分が阪大に通っていた時に行っていた「石橋うどん処 きち」は「初代平成麺業」と名前は変わっていますが、雰囲気もそのまま、味もそのままだったので、おすすめできるお店だと感じています。

ぜひ、阪大の周辺に遊びに行ったら、「初代平成麺業」に食べに行ってください。

食べログ

■大阪大学
・人間科学部
出願日:2021年8月30日(月)~ 9月2日(木)
試験日:2021年11月8日(月)
合格発表:2021年11月15日(月)

・外国語学部
出願日:2021年9月14日(火)~ 9月17日(金)
試験日:2021年11月20日(土)
合格発表:2021年12月24日(金)

・法学部
出願日:2021年8月31日(火)~ 9月3日(金)
試験日:2021年10月30日(土)
合格発表:2021年12月15日(水)

・経済学部
出願日:2021年10月1日(金) ~ 10月7日(木)
一次試験日:2021年11月13日(土)
一次試験合格発表日:2021年11月18日(木)
二次試験日:2021年11月27日(土)
合格発表:2021年12月17日(金)

募集要項を確認しましょう
法学部の募集要項はこちら
経済学部の募集要項はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA