明治大学【2022年度編入学試験情報】明大前駅徒歩5分「もみじ屋」

明治大学和泉キャンパスがある京王線明大前駅。
多くの大学生が行き交うキャンパス。その裏手、甲州街道を少し代田橋方面に歩き住宅街に入ったところに、一見するとラーメン屋さんとは思えない雰囲気の民家風の店舗があります。
食べ盛りの大学生御用達の二郎系インスパイアのラーメン屋、「もみじ屋」です。価格帯は750円〜。二郎系ラーメンとしては普通か少し安いくらいでしょうか。

注文は食券制、購入してから並びます。
客席は10席程、お昼ご飯等時間帯によっては外まで並んでいることもあります。
席が開くと順番に案内されて、食券を店員さんに渡します。これで出来上がるのを待つのみ。

二郎系ラーメンと言えば、複雑怪奇な「コール」が有名でしょう。「ニンニク入れますか?」「ヤサイカラメニンニクチョモランマ」…。
もみじ屋でも当然コールが存在します。しかし、何も心配する必要はないのです。
大学の側という場所柄、一見のお客さんが多いのでしょうか、壁に丁寧にコールの方法が書いてあります。ラーメンが出来上がるのを待つ間に眺めて予習しておきましょう。
一見のお客さんと店員さんの間でよく起こるトラブルの元とも言えるコール。ですが万が一言えなくても、もみじ屋の店員さんは気にせず作って下さいます。列が長くなると「スープが終わってしまうかもしれない」等お声がけもして下さり、二郎系にありがちなギスギスした雰囲気は一切ありません。
個人的には「アブラ」は欠かせません。その理由は後述します。

そしてついにラーメンが運ばれてきました。
スープは背脂がゴロゴロ浮いた非乳化系(日によって、時間帯によって多少のばらつきがあるようです)、醤油ベースです。二郎系にしては少し珍しい味ですがこれが飽きずに最後までかき込める味です。醤油ベースなので生卵との相性も抜群ですね。麺はザ・二郎系の太麺、もみじ屋では最高300g、食べ過ぎ抑制のためでしょうか。豚はホロホロで脂身は少なく、肉に旨味が刷り込まれたような逸品。しっかりとした肉感が味わえます。
運ばれてきたらまず「天地返し」で麺と野菜の上下を入れ替えましょう。ここで豚もスープに入れておくとよりホロホロになって美味しいですよ。
そこからはもう戦うのみ。卓上調味料の一味とお醤油で味変してもいいでしょう。コールでアブラを頼んだ方はここで麺や野菜をアブラにつけて食べてもいいでしょう。
最後はスープを完飲して、ごちそうさまでした。

明大前駅から少し遠いのが難点ですが、付近で働いている、もしくは住んでいたら定期的に食べたくなる味ですよ。
お近くにお越しの際は是非。

食べログ

■明治大学
・文学部(2年次、3年次)
出願期間:2021年12月14日(火)~20日(月)
一次試験(書類審査)合格発表:2022年2月2日(水)
二次試験試験日:2022年3月1日(火)
合格発表:2022年3月9日(水)

・文学部(学士)
出願期間:2022年1月11日(火)~18日(火)
試験日:2022年3月1日(火)
合格発表:2022年3月9日(水)

・情報コミュニケーション学部(2年次、学士)
出願期間:2022年1月8日(金)~14日(土)
試験日:2022年3月1日(火)~2日(水)
合格発表:2022年3月8日(火)

募集要項を確認しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA