ヤングケアラー

ヤングケアラーについて

埼玉県は、2020年に全国初の「ケアラー支援条例」を制定しました。この条例は、ヤングケアラーを含む介護者を社会全体で支えていくことを目的としています。そして、この条例の一環として、県内のすべての高校2年生を対象にヤングケアラーの実態調査を実施しました。この調査は、日本初の大規模な試みであり、その結果は国全体の政策にも影響を与えました。
ヤングケアラーの問題は、家庭内だけでなく、社会全体で支えていくべき重要な課題です。埼玉県の先駆的な取り組みは、多くの人々にヤングケアラーの現状を知ってもらい、支援の必要性を訴える大きな一歩となりました。これからも、子どもたちが安心して過ごせる環境を整えるために、私たち一人ひとりができることを考えていきましょう。

新着記事

ヤングケアラー問題: 若者に迫る負担とその解決策日本ケアラー連盟とケアラーの実態東京都のヤングケアラー支援事業ヤングケアラーは介護力ではない:適切な支援と情報連携が求められる美作大学生活科学部社会福祉学科武田ゼミが、貧困・生活困窮問題をテーマに釜ヶ崎を視察「子ども・若者育成支援推進法」の改正法によって、ヤングケアラーが正式に支援対象にヤングケアラー支援の改正法成立についてデロイトトーマツグループがヤングケアラー支援の効果的な取り組みについて調査しました子どもたちへのケアは圧倒的に不足している専門家に聞くヤングケアラーの現状

ヤングケアラーについての記事をすべて見る