人文社会科学特講

人文社会科学特講

私が説明するのも恐縮ですが、そもそもこのサイトで論じられる社会問題とは、編入学試験の頻出論題であったりして、編入学試験の受験生が考えておくべきだから掲載されているのですね。あんなに問題提起を繰り返しているから、政治的野心があるのだろうとか、世の中に恨みがあるのだろうとか、そういうのを穿ったものの見方と言います。中学のとき関数を習うのと同じで、大学で習うことが書かれているのですよと言っても、意味がわからないと思いますね(大学の講義は標準知能では理解できない)。社会に出て何年経つのか知らないけれど、生きてきて自分なりに世の中はこんなだ~、あんなだ~と思った話を堂々と他人にするものではないですよ。案外そう思って静かにしている出来た大人が、このサイトを見て、驚くんですよね。勉強すればよいのでは?

新着記事

マクロ経済学:どこかで間違えてIS-LM分析が運ゲーになってしまった受験生が5分でやり直す時事問題:円安(1ドル=150円)農業経済学金融論:金融の現代史金融論:金融市場金融論:円滑な金融取引のために金融論:金融の役割過去問・同志社大学商学部(3年次編入試験・2021年度)法学:法の下の平等過去問・駒澤大学経営学部経営学科・市場戦略学科(3年次編入試験・2018年度)

社会科学系特講の記事をすべて見る

過去問・関西大学社会学部心理学専攻(3年次編入試験・2022年度)文学の対策(最終更新日2022/10/30)多元的国家論と国家法人説の関係性に注目して満州国を巡る当時政党政治の様相過去問・埼玉大学教養学部現代社会専修課程(3年次編入試験・2017年度)

人文科学系特講の記事をすべて見る