拓殖大学【2022年度編入学試験情報】茗荷谷駅徒歩2分「バンビ茗荷谷駅前店」

私がオススメの拓殖大学の近くの飲食店は【バンビ 茗荷谷駅前店】になります。

拓殖大学文京キャンパスは東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅のすぐ近くにありますが、この店も大学生が好みそうな外観のため行きたくなる可能性があります。店の特徴は「昭和洋食」がコンセプトで、昭和レトロな雰囲気があるレンガ造りの建物の中で食事を楽しめることです。店内の雰囲気はまさにオシャレで昭和レトロそのもので、当時にタイムスリップをしたような感じです。また、洋館の中で食事をすると特別な気分になり、私も常連として通っていましたが凝った造りには感動しました。

営業時間は11時30分から23時までであり、価格帯は1000円以内で定食を味わえるため男女を問わず好みに合わせて選べます。人気のメニューは「チキン唐揚げと和牛ハンバーグステーキのセット」で、私もハマっていましたが特に男性の大学生やサラリーマンなどに定番でした。値段は880円とコスパが非常に高く、コーヒーは60円のため毎回飲んでいました。混雑する時間帯は12時から13時頃ですが、営業時間が長く18時~20時頃も多かったです。私は学校に通っていた頃は12時過ぎに行ってましたが、かなり混雑することもありますが回転が早くてすぐに順番が来ました。注文は食券制のため事前にメニューの内容や価格が分かればポケットに千円札を入れ、すぐにボタンを押して券とお釣りを受け取れるようにすると便利です。

この店の特徴は昭和40年に創業のため50年以上の歴史があり、店内には当時の面影を残しています。また、食器やグラスもまさに昭和レトロの雰囲気があり、接客応対も良くて常連客が多いです。中でもハンバーグステーキは人気No.1で素材や製法にこだわっているため、他の店にはない美味しさがあります。私も食べ歩きが趣味でハンバーグも良く食べますが、昭和レトロな雰囲気を感じながら味わうと格別です。店の周囲は多くの企業のオフィスがありますが、その中にレンガ造りの店があって目立ちます。また、メニューは外に大きく掲示されているため、足を止める人も多くそのまま中に入って行くことが多いです。このように、そそられるような雰囲気を作っているため、うまくできた飲食店という感じもします。また、食券制でも機械的なところはなく接客応対も良く、和牛のステーキなど高級なメニューもお得なため人気が高いです。

拓殖大学の近くのオススメの飲食店を紹介しましたが、期待を裏切らないため行ってみると感動をすると思います。

食べログ

■拓殖大学
・商学部、政経学部、外国語学部、国際学部(第一回)
出願日:2021/10/5(火)~ 2021/10/12(火)
試験日:2021/11/28(日)
合格発表:2021/12/7(火)

・商学部、政経学部、外国語学部、国際学部(第二回)
出願日:2022/1/11(火)~ 2022/1/17(月)
試験日:2022/3/8(火)
合格発表:2022/3/12(土)
募集要項を確認しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA