独学アシストコースの新設について

お知らせ

市販教材を使って独学しながら編入合格を目指す受験生向けに「独学アシストコース」を 新設致しました。対応可能分野は文系全学部です。

応募条件は、編入予備校に通う予定が無い方に限ります。悩んでいる方もご遠慮下さい。資力が無く、編入予備校への入会が選択肢に無い方のみご検討ください。

募集人数
1名

指導員プロフィール
2005年 神戸大学理学部数学科 入学
2008年 筑波大学第三学群社会工学類 編入学
2010年 同大学院システム情報工学研究科社会システム工学 入学
2012年 修士号(社会経済)
2015年 日本学術振興会特別研究員(理論経済学)

コース内容

指導は全て電子メールで行います。

独学アシスト(選書)

原則自分で市販教材を一冊以上選んで下さい。指導員が同じものを取り寄せて読みます。メジャーな教科書、参考書でも構いませんし、マニア向けの本でも構いません。

独学アシスト(課題)

選んだ書籍を読み終わるまで時間がかかりますが、指導員のほうが早く読み終わるので、先に読み終えた者として課題を提供します。何ページから何ページまでが重要だから要約してみてください、とか、何ページの演習問題で問2が頻出だから解いてみてください、とか言います。

志望理由書と面接対策

志望理由書は原則自分で書き上げて下さい。読んで、意味が分かりにくい箇所を指摘し、加えて面接で質問されそうなツッコミドコロをリストアップしてお伝えします。

費用とコンプライアンス

指導員への報酬

指導員への報酬等支払いはありません。

情報の再利用(受験生)

指導期間中に互いに提供しあった様々な情報を再利用して、合格後に体験記を書いて後進へ向け情報提供したり、後進の受験対策指導(教える人)を始めることは、有償・無償を問わず自由です。ただし指導員にて責任は負いかねます。

情報の再利用(指導員)

指導員側が、指導の実態を元に様々なコンテンツ制作を行う事を承諾して下さい。お約束として受験生の合否が全て決まり、2025年度編入学試験の受験が終わるのを待ちます。

応募方法

takaaki.fujikura@gmail.com
にメールでご連絡下さい。志望分野と学習環境をなるべく詳細に書いて下さい。学習環境とは、たとえば「専門学校生で担任の講師が受験を手伝ってくれる環境にある」などです。

2024年3月に対面(顔合わせ)を日本の何処かでします。指導員本人が旅行がてら伺いますので、面談の場所を決めます。対面はその一回だけです。

対面時に指導可否を必ずお伝えします。

※2024年3月9日〆切

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA