かえしてくれた

男は。
上野広小路で暮らしていた。

上野広小路。
それはとてもピンポイントな表記だ。

上野ではなく上野広小路。

しかし間違いなかった。

男は。
あの道路標識の下。
放置自転車がたむろする。
地下鉄入口階段の反対側。
そこに段ボールを敷いて暮らしていた。

ある朝。
男は気づいた。
食糧が減っている。
誰が。

しかし犯人は。
次の朝にはわかった。
カラス。

いま。
まさにカラスが。
男の食糧をクチバシにはさんで。
飛び立つのかという姿勢。

男は。
弱弱しくも精いっぱい叫んだ。

やめろぉぉぉぉ・・・・

するとどうだろう。
カラスは。
持ち逃げするのをやめ。
男に食糧を返すように。
食糧を放すと。
こころなしか一瞬首を傾げて。
そして飛び去って行った。

人間が反応すれば。
当然そうなる。

男は。
思った。
かえしてくれた。
カラスは。
強い人、弱い人、勝った人、負けた人。
そんなのは人間くらいだ。
人間くらいだ人間にそんなのをやっているのは。

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA