しろねこ

武藤啓介(むとう けいすけ)は。
ババアフェチだった。
母親と同い年くらいの女性を愛した。
ただの女性ではない。
風俗嬢である。

名を。あおい。と言う。
薄黒い肌。だらしない身体。
黒髪はホルモンだろうか。
長く美しい。

その後に引退した。あおい。
父の介護に明け暮れ。掃除婦。なるも。
やがて他界し。葬儀。父の葬儀。

あと十年はあるか。

あおいも。武藤だけはよく覚えていた。
私は目が悪いんだよ。
年甲斐もなく。端正な顔立ちの武藤にそう言っていた。

魔女が。
表れた。
武藤を連れて。
武藤の願いを聞いた魔女が武藤を連れてきた。

武藤。
あおいさん。若輩の私には皆目見当もつきません。
しかしお会いしたかったのです。

あおいは。
元気そうでよかった。恋人はできた?
ラインのアイコン。

魔女は。あおいに。言った。
若返りたいか。
あと十年。いや二十年はあるか。

あおいは無言。

武藤は。割って入った。
あおいさん。若返りたくないと思います。
若返りたくなんて。ないと思います。

それを聞いた瞬間に。魔女は。
あおいを若返らせた。
透き通るような白い肌。身体。
黒髪は短く。白猫のようだ。

武藤は。間違ったことを言ったと思ったが。
魔女がすぐに。
お前はよく言った。
それだけ言って。また武藤を連れて去っていった。

数週間後。
武藤は。
美しい若返ったあおいの姿をよく覚えていたので。
地元の風俗店。若い女性のいる店に。
気が付けば足を運んでいた。

容姿の若返ったあおいは。いた。
武藤と接客こそしなかったが。
偶然同じ店にいて働いていた。
なんの外連目もなく。
接客していた。

武藤は大学院を出ると。
大手に就職した。
電機。高給。しかし疑問。
重工の工員にも敬意を払い。
納得がいくまで働いた。
そのような暮らしをした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA