冒涜のジェネシス

人権宣言に由来する「表現の自由」は建国の理念だ。カトリック権力の打倒に由来する「信教の自由」もまた建国の理念だ。フランスが革命で勝ち取ったリベラルな価値と、20世紀以降の移民立国フランスにおける統合政策で採用された「世俗主義」は、関係性が深い。しかしこの世俗主義(c.f.ライシテ)とは、すべての宗教の人をフランス社会に統合していく、というよりはむしろ、厳格な信仰をまもろうとするイスラム移民との間に亀裂を生んでいった。移民集団ということでただでさえ差別や偏見の対象になりやすい(c.f.社会的スティグマ化)彼らへ「共生困難」な人びとというイメージを貼り付けた。ここに表現の自由の名のもと宗教批判を是としたことで、よりネガティブなイメージが一方向的に焼き付けられていった。【参考:『移民社会フランスの危機』宮島喬】

2015年1月7日シャルリー・エブド襲撃事件は「表現の自由に対する攻撃」として受け止められた。シャルリー・エブドがフランスを代表する風刺新聞の一つだったからだ。メディアにより「文明の衝突」と拡大解釈された事件報道の裏で、しかし「表現の自由」と「イスラム」の対立構造は「反イスラム感情」の誤謬だという指摘もあった。リベラルな価値のもと差別が正当化されていると言いたいのである。リベラルな価値の殻を被ったレイシズムが断行されていると言いたいのである。【参考:「「文明の衝突」論のどこが問題か?―「シャルリー・エブド」襲撃事件を考える」菊池恵介】

Google:表現の自由 フランス nhk
Google:冒涜の自由 nhk

【関連する発展的な出題】獨協大学外国語学部フランス語学科(3年次編入試験・2019年度)「フランス以外の国に生まれ、現在フランスに住む」人々を「移民」と定義すると、フランスの総人口の一割を超える人々が移民であり、さらに第二・第三世代を入れれば二割に及ぶと推計されています。そして現在、フランスの政治においては、移民流入の規制を訴える政党が一定の勢力を持っています。あなたはこの主張に賛成ですか、反対ですか。移民系の人々が増加した歴史的経緯や、これらの人々が持っている文化的・宗教的背景、また近年フランスで起きた事件なども考慮に入れつつ答えなさい(抜粋)※受験なさる方は出題文は必ず御自身でもご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA