商業捕鯨。国際社会と国内社会で利害が相反する具体的な事例

宇都宮大学国際学部にて上記の出題がありました(出題年不明)

「商業捕鯨」について論述すればよいと思いました。それ以外ですと、たとえば「欧州移民政策」など思いつきますね。しかし「欧州移民政策」は政治史の正確な知識が必要です。ここは「商業捕鯨」について「持続可能な開発(SDGs)」や「異文化対立」といった論調で論述するほうが、無難な小論文に仕上がるのではないかと思います。

「捕鯨は是か非か」文部科学大臣賞に選ばれた中学一年生の著作ですが網羅性が高く秀逸です。

Google:商業捕鯨モラトリアム」

Google:商業捕鯨 持続可能な開発」

Google:商業捕鯨 異文化対立」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA